老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう!

老眼の治療方法

メガネと書物

老眼の治療

老眼の症状が重くて生活を送る上で、不便さを感じたら眼科で老眼を治療するのも1つの手です。老眼の症状が出始めている方で、仕事で不便を感じている方や眼鏡の取り外しに面倒くささが感じれれたら、眼内にレンズを取り入れる手術がおすすめです。老眼鏡を使う頻度も減り見えにくいというストレスを感じることも少なくなります。レンズも多焦点レンズと単焦点レンズが選べ、安全性も高い治療方法です。単焦点レンズは保険適用されるので治療も受けやすいですし、その費用の相場は片目の場合1~2割負担の方は平均2万円前後、3割負担の方は5万円前後です。処方される薬の量や種類、クリニックによって多少の差が出てくる場合があります。他にも多焦点レンズがあり、こちらは単焦点レンズよりも見え方は良いですが、保険適用外のため自己負担になります。自由診療の場合は、クリニックで料金を決められるので差はあります。片目でだいたい30万前後のところがほとんどのようです。

単焦点レンズと多焦点レンズの違い

眼内にレンズを入れて、老眼の症状を軽減させる治療法で使われるレンズは2種類あります。それは、単焦点レンズと多焦点レンズです。単焦点レンズは、裸眼だけだと遠近どちらかにしかピントを合わせることができませんが、見えにくいと感じる方のメガネをかけることではっきりと見えるようになります。多焦点レンズは、メガネを使わなくても遠近どちらも見えるようになります。場合によっては眼鏡が必要になることもありますが、そういう場合でも1本あれば困ることはありません。ですが、鮮明さが落ちる場合があります。単焦点レンズは鮮明にはっきりと見たい方、多焦点レンズはメガネが煩わしいと感じている方におすすめです。

Copyright© 2019 老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう! All Rights Reserved.