老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう!

若い世代に多いスマホ老眼

女性

若い世代に多いスマホ老眼

今、老眼の症状で悩まされているのは、40~60代の方々だけではありません。20~30代でもスマホ老眼と言って、至近距離でスマホを長時間見すぎることで、一時的に近くのものがぼやけて見える症状の1つです。長時間、至近距離でスマホを眺めているとピントを合わせる筋肉が疲れてしまい、調節機能が上手く働かなくなるのです。それに加え、スマホやタブレット、パソコンといったものはブルーライトを発していますから、より目への負担が多くなります。案外気づかないうちになっていることが多いので、目を定期的に休める時間をきめたり、スマホを触る時間を決めたりしておきましょう。

スマホ老眼の対策

スマホを触り続けていると、目だけではなく体や心に不調をもたらすVDT症候群を誘発させることもあります。なので、視力が低下し首などの凝り感じられる、イライラしがちで不眠状態が続くといった症状が出ていれば、スマホ老眼対策を行っていく必要があります。疲れた目を回復させるためには、まず十分な睡眠時間を確保することです。目が疲れて辛い時は、ホットタオルなどで目を温めて血の巡りを良くしておくと回復が早くなります。仕事上、どうしてもパソコンを長時間使うという方は、ブルーライトカットのメガネを着用しましょう。ブルーライトをカットするだけでも目への負担を減らすことができますし、疲れにくい目を手に入れることができます。なるべく通勤中の移動時間やお昼休憩時はスマホを極力触らないように心がけることもポイントです。目はあなたが起きている間、ずっと働きっぱなしですから意識して休憩を取るようにしましょう。

Copyright© 2019 老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう! All Rights Reserved.