老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう!

老眼に効く食材

男性

老眼に効く食べ物

外からのアイケアも大切ですが老眼の症状には、食事から目に良い栄養を取って行う食べるアイケアも必要です。老眼は、目の老化が原因です。目の中で活性酸素が発生すると、ピントを調節する筋肉が上手に働かないことがあります。そこで老眼の人にぜひとも食べてほしいのは「紅鮭」です。紅鮭には、活性酸素を除去してくれる役割を持つアスタキサンチンがたくさん含まれています。鮭の他にもカニやエビにも含まれています。カニやエビ、紅鮭は赤い色をしていますよね?これがアスタキサンチンが豊富に含まれている証拠です。その中でも特に多いのが紅鮭なのです。アスタキサンチンは油と一緒に摂取すると吸収率が上がり、効果も感じられるようになりますよ。緑黄色野菜に含まれるビタミンAも目に良いですし、ビタミンも油と一緒に取ると良いとされているので、偏りのないバランスの良い食事を心がけるようにすれば症状も和らぎます。
また、紅鮭をどのくらいの量をどのくらいの期間食べ続けると症状が改善されるかというと、だいたい1日1切れを3週間行うことで老眼の症状が改善されるので、お弁当や夕食で簡単に摂ることができます。また、紅鮭は和食でも洋食でも合いますから、パスタやグラタンなどでアレンジしても野菜も一緒に摂れますし美味しくいただけますよ。塩漬けされている紅鮭も多いですが、塩分が気になる方は無塩タイプを選んだり、子どもがいるご家庭は骨なしタイプを選んだりすると不便を感じませんよね。
紅鮭は苦手という方は、サプリメントなどからも補うことができますので、そちらを試しましょう。甲殻類アレルギーの人は、エビやカニ由来ではないサプリメントを選びましょう。

Copyright© 2019 老眼の症状をチェックしよう!早期のケアで進行を遅らせよう! All Rights Reserved.